モラビト(MORABITO)公式通販

TOPページ > モラビトについて

about MORABITO

モラビトのエレガンス

モラビトのエレガンスのルーツは、創業者ジャン・バティスト・モラビトが、創業当初、「宝飾」の職人、として自らのメゾンをスタートさせたことに遡ります。その宝飾の感性を活かして創り出す、優美な細工の美しさ、金・銀・サンゴ・べっ甲といった素材を繊細にあしらったバッグ、ダイヤモンドを口金に施したバッグなど、それぞれの美しい彫金や装飾のすべてに、創業者のこだわる最高のエレガンスが表現されています。そして今もこの比類ないエレガンスは脈々と受け継がれ、世界中で様々なシーンに彩りを添え続けています。


モラビトのヒストリー

1880-
1885年ジャン・バティスト・モラビト(Jean Baptiste Morabito)は、ナポリの宝飾細工職人の家に生まれ、ローマでの10年間の厳しい修業を経て、1905年に南フランスのニースに宝飾細工とトランク製造の看板を掲げ、アトリエ兼ブティックの「MORABITO」を創業。金・銀・珊瑚・べっ甲といった素材を扱った繊細で美しい作品は、バカンスに訪れた上流社会の貴婦人たちの間で瞬く間に話題となりました。

1910-
当時、フランス社交界で貴婦人が持つイブニングバッグは、金銀細工の口金のバルーンサック(風船型の手提げ袋)が主流でした。その頃すでに「べっ甲細工のスペシャリスト」と呼ばれていたJ・B・モラビトがバッグの口金を得意のべっ甲細工にすると、社交界の貴婦人たちはその斬新さと優美な芸術性にたちまち魅了されました。 また、カットビーズのイブニングバッグを最初に製作したのはモラビトです。このベル・エポックの時代に、モラビトはヨーロッパの王侯貴族からも信用を得ることになります。 1912年、当時としては画期的な素材であったクロコダイルのバッグや、初めてダイヤモンドを口金にあしらったバッグも発表。

1920-
1921年、パリのサントノーレ通りにブティックを開き、皮革製品、ジュエリー、トランク類、得意とする金銀細工の創作品などのコレクションを発表。

1930-
第二次世界大戦前には、口金に繊細な彫塑を施したり、華やかな宝石をちりばめたサテン地のストラップ・バッグを発表。カクテルパーティーで女性が両手を自由に使えるように、持ち手を長くしたこのバッグは大変好評でした。

1940-
1947年、フレグランス“morabito No.7”を発表。ブランドのアイコンである亀をデザインしたガラス製のフレグランス・ボトルが誕生。 第2次世界大戦後は、女性の社会進出にあわせ、肩からかけられるショルダー・バッグを発表。ハンドバッグ業界に再び新しい旋風を巻き起こしました。

1950- 1951年、ジュエラーが軒を連ねるヴァンドーム広場1番地を本拠地とし、各地に点在していたアトリエを集約。熟練した職人が何日もかけて手作業で丹念に作り上げるモラビトのバッグは世界の王侯貴族やセレブレティに一層親しまれました。 1958年、マリリン・モンローは、外出時にビューティーケースを持たずに済むような、タウン・旅行兼用で化粧品が入るボックスタイプのバッグをオーダー。旅の始まりを連想させるパリの駅”オルセー”と名づけられたこのモデルは今でも多くの方に愛されています。 1960-
1961年、オペラ界のプリマドンナ、マリア・カラスがオーダーしたバッグの名前は、カラスの代表作である“椿姫(ラ・トラヴィアータ)”。竪琴のように湾曲した少し長めのハンドルは、古典音楽を敬愛していたカラスの希望によるもので、ハンドルの付け根と中央の金具のデザインは、カラスのお守りを象徴。小ぶりで上品な“トラヴィアータ”は、現在もベストセラーモデルの一つです。

1970-
1971年、昭和天皇・皇后両陛下ご訪欧の際、コレクションが両陛下に披露される名誉を賜り、当時のポンピドー仏大統領より皇后陛下にモラビトのクロコダイルバッグが贈られました。

1990-
1996年、ジョルジュ・サンク通りへブティックを移転。

2000-
2007年、90年代を過ごしたジュルジュ・サンク通りのブティックから、パリでジャン・バティスト・モラビトが初めてブティックを営んだサントノーレ通りに移転。 モラビトは、人々に卓越したクラフトマンシップによる真のラグジュアリー、エレガンスを伝え続けています

モラビトの職人

宝飾細工の技術と発想を活かしながら、「創意と工夫」をモットーとし、クロコダイルやカーフに見られる伝統美と確かな品質を守り、職人の手により一つ一つ丹念に手作りで、常に新しい素材とデザインを創造していくことを精神としています。 モラビトはその芸術ともいえる技術の卓越性において高い評判を受けてきました。 フランスの伝統的なレザー・クラフトマンシップを高いレベルで維持し続けるために、パリのアトリエで、熟練した職人たちが、ハンドメイドの 技術を大切に受け継いでいます。 全てにおいて細心の注意を払い、完璧にこだわり、質の高い仕事を続けているのです。

ショッピングガイド

お支払方法について

クレジットカード・代金引換
※代金引換はご注文金額に応じて手数料が掛かります。

配送について

送料:全国送料無料
通常、ご注文日(決済確認完了日)の2営業日〜3営業日で発送いたします。

詳しくはこちらをご覧ください

株式会社retro(モラビト(MORABITO)公式通販サイト運営代行会社)
E-mail:support@morabito-online.jp
営業時間:10:00〜18:00  定休日:土・日・祝祭日・年末年始

お取り扱い上の注意

いつまでも美しくお使いいただけるよう、次の注意、お手入れ方法、保管方法をぜひお守りください。

○モラビトでは厳選された最高級皮革のみを使用しております。最高級の素材であっても、表面に細かい酸や証が見られます。これは、決して欠陥ではなく、人造とは違う、天然素材としての証とも言えるものです。

○モラビトの皮革は天然の溶剤でなめされています。したがって、紫外線の影響を受けやすく、特に淡色系においては時間と共に退色が見られます。これも、天然素材ゆえの避けられない変化ですので予めご了承願います。特に、直射日光、水や肌との接触は色落ちを促進してしまう恐れがあります。

○摩擦で他の衣類等に色が移ることがあります、特に汗や雨で湿った際はご注意ください。

○水濡れは、色のにじみや水ぶくれの原因となりますので、雨の日にご使用する際は、十分ご注意ください。

○特にクロコダイルやオーストリッチの革は水分をきらいますので絶対に濡らさないようにご注意ください。

○金属部分は、他の金属との接触によって傷がつくことがありますのでご注意ください。

○コットンにコーティングを施した素材は、素材の性質上、ご使用状態によっては、表面にひび割れやはがれがおきる場合があります。ご注意ください。

お手入れ方法

○ご使用になった後は、柔らかい乾いたフランネルで汚れやホコリ、汗などを丁寧に拭き取ってください。水拭き、ワックス、アルコール、カラークリーム等の使用は避けてください。

○雨降り等でバッグが濡れた場合は柔らかいフランネルで丁寧に水分を拭き取り、時間をかけて陰干ししてください。乾燥剤や熱で乾かすことは絶対に避けてください。

○オートグラフは上質なコットンをコーティングした素材でできています。表面に汚れが付いた場合は、湿らせた布で拭いた後、清潔な乾いた布で拭き取ってください。

○モノグラム素材は、撥水、防汚加工を施した布地でつくられていますが、シミになりやすいので、気をつけてください。万が一汚れてしまった場合は、下記お客様窓口までお問い合わせください。

○メンテナンスをご希望のお客様は、お買い求めいただいたブティックか、下記お客様窓口までお問い合わせください。

保管方法

○防虫剤は革を傷めますので、使用を避けてください。

○汚れやシミのついたままの革表面にはカビが発生する可能性がありますので、必ず汚れを拭きとってからバッグの中に柔らかな紙などを入れ、革の型をくずさないようにしてください。

その上で風通しが良く湿気の少ない場所に保管してください。

○退色を防ぐために、直射日光に長時間さらさないようご注意ください。

商品に関するお問い合わせ

MORABITO サポートセンター 0120-23-8282
営業時間/月〜金 10:00 〜 18:00(祝日除く)